自治体から声をあげるクリーンな政治:裏金事件の意見書

自民党の派閥による政治資金パーティーでの裏金事件について、地方議会が強く反応しています。
この事件に対して、66の地方議会で可決された意見書では、事件の詳細な解明と政治資金の透明性向上、再発防止を求めています。
中には、具体的に資金の流れや不正の中心人物を明らかにするべきと指摘する意見書もあります。18府県議会が意見書案を提出し、11府県議会がこれを可決しています。
一方で、自民党による調査が進んでいるとして、自民党会派が反対し否決した県議会もあります。
さらに、自民党内では一部幹部に対する離党勧告などの措置が取られており、政治資金を巡る問題が再燃している様子が伺えます。

吹田市においても、政治資金の透明化と説明責任を強化するため、私たちが提案し、可決された「政治資金規正法に係る疑惑解明を求める意見書」は、政治におけるクリーンな資金運用を目指し、国民の信頼を守るためのものです。
国民に対する説明責任を果たし、政治の透明性を高めることで、国民が政治に関わる際の不安を解消し、国会議員様の特別な措置を許さず、より健全な政治文化の確立を目指すべきですね。
以下の記事は、吹田市で提出した意見書です。

この投稿について、「頑張ってるね!」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • ワロタ (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • 興味なし (0)
  • 勉強不足 (0)
  • オモロイやん (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • まだまだだね (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 頑張ってるね! (1)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次