国内AI支援策―経済産業省のスパコン補助、期待と現実

まずは記事をわかりやすく説明

経済産業省は、KDDIやさくらインターネット、GMOインターネットグループなど国内の5社に対して、人工知能(AI)の開発に必要なスーパーコンピューターの整備に最大725億円を補助する計画を発表しました。
この補助は、整備費用の最大半額までとされ、KDDIが102億円、さくらインターネットが501億円、GMOインターネットグループが19億円を受け取ります。
これらの企業は、米国半導体大手のエヌビディアからGPUなどを調達し、スーパーコンピューターを整備します。
経産省は、少なくとも3年間、AIを開発する企業がこれらのスパコンを利用できるようにすることを条件にしています。
この政策の背景には、現在、AI開発の多くが米国のマイクロソフトやアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のようなクラウドサービスに依存しており、海外に依存しない独自のAI開発環境を構築することが重要な課題となっています。

高村の考えは以下のとおりである

経済産業省による725億円のスーパーコンピューター整備補助は、日本国内におけるAI産業の発展に向けた大きな一歩ではありますが、この予算規模が国際的な競争においてどれだけの影響をもたらすかには懐疑的です。
確かに、この投資は国内企業が必要とする高性能計算資源の一部を補うものであり、自国内での技術開発の自立を促す意味では価値がありますが、米国や中国など他国のAI開発に対する投資規模と比較すると、この予算は明らかに少なく、影響力も限定的であると考えざるを得ません。
このような状況では、大規模なブレイクスルーを期待するのは難しいかもしれませんが、小さな一歩としては意義深いものです。
私たちは、これを足がかりとしてさらなる支援と投資を政府に求め、長期的な視野で国内AI技術の発展を目指すべきです。
また、これに伴う地域社会への影響や、実際の応用分野への波及効果についても、持続的に評価し続けることが必要でしょう。

※当記事のアイキャッチ画像は経済産業省公式WEBサイトより引用

この投稿について、「まだまだだね」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • 頑張ってるね! (0)
  • まだまだだね (1)
  • え~事言うなぁ (1)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次