イライラから一線を越えた行動 – 器物損壊事件

記事の説明

2025年に大阪・関西で開催予定の万博の公式キャラクター「ミャクミャク」のモニュメントに対して器物損壊事件が発生しました。この事件は、大阪府寝屋川市に住む45歳の団体職員の男性によって行われ、大阪府警天満署が書類送検しました。被疑者は終電を逃し、そのイライラから行動に出たと認めています。 事件は3月13日未明に発生し、男性は鉄製の看板を振り回して、大阪市役所前に設置されているミャクミャクのモニュメント(幅3.3メートル、高さ2メートル、奥行き1.5メートル)に傷をつけた疑いが持たれています。

高村の考え

「団体職員」ってどこの誰なんでしょうね?💦
よくこういう表記されることがありますが、謎ですね 笑

万博という国際的なイベントのシンボルであるミャクミャクのモニュメントは、多くの人々に愛され、またそのイベントを象徴するものです。このような行為は、単に物を壊したというだけでなく、その背後にある価値や期待をも損なうもので、非常に残念でならない。

※当記事のアイキャッチ画像は2025年大阪・関西万博公式WEBサイトより引用

この投稿について、「え~事言うなぁ」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • 頑張ってるね! (0)
  • え~事言うなぁ (2)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次