ワープロが無くなるのか?35年前のメーカーの回答

この記事は、SNS界隈で5年間隔くらいでネタとして挙がってきているもので、最近もまた上がってきました。
面白いですよね(^^)

35年前のワープロ専用機についての議論は、現代の視点から見れば、確かにその予測は古臭く感じるかもしれません。しかし、これを単純に揶揄するのは適切ではないと思います。
当時の技術進化を予測することは非常に困難であり、製造メーカーが自社製品を否定することはなかったのです。

特に注目すべきは、過去30年間で「コンピュータと文書」の関係がどのように変化し、また変化しなかったかを理解することです。
デジタルトランスフォーメーションの流れの中で、この関係はモダン化され、仕事の効率化が進んでいます。

具体的な例としては、ワープロ専用機が市場から消えた理由を挙げることができます。
ワープロ専用機は、プリンタが内蔵されており、主に紙の文書を生産するために使用されました。
しかし、デジタル文書の普及により、その必要性は減少しました。
また、文書作成だけでなく、コミュニケーションの重要性が増す中で、多機能を持つPCやスマートフォンが優位に立ちました。

この議論からわかることは、過去の技術や予測を今の視点で評価することは重要ですが、それによって新しいアイデアや改善点を見出すことが可能であるという点です。
そして、これからもデジタルトランスフォーメーションを進め、効率的な文書作成と利用を目指すべきでしょう。

この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • 頑張ってるね! (0)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次