自閉症に対する視点とその個性を受け入れる社会へ

自閉症について、ネット社会になってイメージが勝手に独り歩きしたのかもしれませんね。まずは記事を見て頂きたいと思います。

まずは記事について要約します

記事では、発達障害の一つである自閉症について触れられています。
自閉症は、対人関係の構築が難しい、特定のことに対して強いこだわりを持つなどの特性を持ちますが、中には読んだ本を全て記憶する、聞いた曲を即座に演奏できるなど、特異な才能を発揮する人もいます。
しかし、そのような「自閉症の天才」とメディアが描くイメージは一部に過ぎず、多くの当事者やその家族は違った苦悩を抱えていることが明かされています。

特に、4歳の平山愛鈴ちゃんとその家族の事例が紹介されています。
愛鈴ちゃんは、周囲とのコミュニケーションや集団行動に困難を抱え、自閉症と診断されました。愛鈴ちゃんの家族は、社会の「自閉症=天才」という偏見や誤解に悩み、自閉症に対する正しい理解や受容の拡大を願っています。

記事では、自閉スペクトラム症(ASD)の現状や、当事者とその家族の生きづらさ、社会の誤解や排除的な態度についても言及されています。
また、専門家やジャーナリストは、メディアによる感情的な描写に頼ることなく、自閉症やASDについての深い理解や知識の普及が必要だと指摘しています。

高村の考えは

自閉症やASDが単なる「障害」や「天才」という狭い範疇で捉えられがちですが、それぞれが持つ個性や能力、そして直面する課題は多様です。
特に、メディアによる描写が一部の例外的な才能に焦点を当てることで、より広範な理解や受容の機会を損なっていることは憂慮すべき点であると改めて感じました。

私たちは、自閉症やASDを持つ人々とその家族が抱える日常の挑戦や困難に目を向け、それを社会全体で支えるための理解と対策を深めるべきであります。
それには、個々の特性や需要を理解し、適切なサポートや環境を提供することが不可欠です。
また、感情だけではなく、信頼と理解に基づく関わりを深めることが、自閉症やASDに向き合う上で重要だと考えます。

私自身も、自閉症やASDに対する社会の偏見や誤解に対して警鐘を鳴らし、より公平で包括的な社会を目指していく必要性を感じています。
私たち各自の意識改革から始まり、社会全体での認識の変革を促すことが必要ですね。

※当記事のアイキャッチ画像はlivedoor news公式WEBサイトより引用

この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • ワロタ (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • 興味なし (0)
  • 勉強不足 (0)
  • オモロイやん (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • まだまだだね (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 頑張ってるね! (0)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次