オードリー・タン退任後の台湾 – その後どうなる? –

記事を要約…するほどの元記事のボリュームはありませんが💦

台湾のデジタル発展部長であるオードリー・タン氏が退任することが決定しました。
タン氏は、台湾におけるIT政策を牽引し、特に新型コロナウイルス対策でマスク在庫状況を把握するアプリの導入など、その才能を発揮して国民の信頼を集めてきました。
しかし、彼女の指導力に疑問を持つ声が与党内外から挙がり、次期行政院長は彼女の後任として別の専門家を起用する方針を明らかにしています。
この動きは、民主進歩党内の権力争いが影響している可能性があります。

今後に注目

オードリー・タン氏の退任は、彼の能力に疑問を投げかけるものではなく、むしろその適材適所を模索するための過程と見たいですね。
タン氏はデジタルイノベーションにおいて顕著な才能を持ち、その技術を政策に活かす方法をコロナ禍などでこれまで見出してきました。
しかし、政治の世界ではそのような才能だけではなく、異なる種類のリーダーシップが求められることもあります。

同氏は台湾政府内で異なる役割に就くことで、さらに大きな影響を与えることができるかもしれませんね。
そう考えると、台湾政府による同氏に対しての次の一手に注目したいと思います。
何もなければもったいないね。

※当記事のアイキャッチ画像はForbes JAPAN WEBサイトより引用

この投稿について、「え~事言うなぁ」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • 頑張ってるね! (0)
  • オモロイやん (1)
  • え~事言うなぁ (3)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次