2060年の認知症患者数予測と対策

まずは記事をわかりやすく説明

政府による最新の推計によれば、2060年には日本全国で認知症の患者数が645万人に達する見込みです。これは65歳以上の高齢者の17.7%、すなわち5.6人に1人が認知症であるという計算になります。
また、軽度認知障害(MCI)も含めると、高齢者の約2.8人に1人が何らかの認知機能障害を持つことになります。
これらのデータは、福岡県久山町など4地域での実地調査に基づき、厚生労働省研究班によってまとめられました。

高村の考えは以下のとおりである

厚生労働省の最新の推計によると、2060年には認知症患者が645万人に達するとされ、この数値は高齢化が進む日本において深刻な問題です。
特に、認知症患者の増加に伴い、医療や福祉の現場での人材確保が大きな課題となっており、少子高齢化の影響で、支援にあたる人材が足りなくなる可能性が高いでしょう。

私は、地域社会が認知症患者を支える体制を整えることが重要だと考えます。
地域ごとにサポートのネットワークを築き、患者や家族が孤立しないような環境を作っていかなくてはいけないのかもしれません。
地域での連携と支援は、これからの日本においては必須の施策であり、全ての市民が安心して生活できる社会を目指していかなくてはなりませんね。

この投稿について、「え~事言うなぁ」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • 頑張ってるね! (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (1)
  • え~事言うなぁ (1)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次