青切符制度導入と電動キックボードの規制強化の必要性

関連記事の説明

16歳以上の自転車の交通違反に対して反則金を科すための交通反則切符(青切符)制度が導入されることになりました。 17日の参院本会議で可決、成立した道交法改正案によって、この制度は公布から2年以内に施行されます。 また、自転車走行中の携帯電話使用(ながら運転)や酒気帯び運転に対しても罰則が設けられ、これらは6カ月以内に施行されます。

青切符制度は、起訴を見据えた捜査が必要な現行の交通切符(赤切符)よりも違反の処理時間を短縮できるため、効率的な取り締まりと違反者への安全運転指導が可能になります。
自転車の取り締まりが大きく変わることが期待されます。

この新しい制度では、「信号無視」や「指定場所一時不停止」といった違反を中心に取り締まることになります。

高村の考え

自転車の取り締まりを強化することは重要ですが、電動キックボードに対してもより厳格なルール整備と安全対策が求められると思います。
現在の道路状況では、電動キックボードの運転手が危険なだけでなく、車やバイクの運転手が意図せず加害者となる可能性があります。
これは他人に多大な迷惑をかけることにもつながります。

したがって、自転車と同様に、電動キックボードについても明確な規制と取り締まりを行うべきです。
安全な交通環境を実現するためには、すべての交通手段に対して適切な対策を講じることが不可欠です。

この投稿について、「この記事もっと掘り下げて欲しい」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • 頑張ってるね! (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (1)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次