技術と倫理のはざまで:プリキュアから学ぶAI時代のコンテンツ制作

「この絵、生成AI使ってますよね?」──“生成AIキャンセルカルチャー”は現代の魔女狩りなのか 企業が採るべき対策を考える。(以下リンクは記事)

※生成AIキャンセルカルチャーとは?
キャンセル・カルチャー(英語: cancel culture)とは、主にソーシャルメディア上で、過去の言動などを理由に対象の人物を追放する、現代における排斥の形態の1つ。典型的には、芸能人や政治家などの著名人を対象に、過去の犯罪や不祥事、不適切な言動とその記録を掘り起こし、大衆に拡散して炎上を誘って社会的地位を失わせる運動を指す。(引用:wikipedia)
これに生成AIを当てはめたもので、生成AIに対して合法な利用者を批判し、数の圧力で取り下げようとする動き。

まずは記事をわかりやすく説明

「現代の魔女狩り」と、揶揄する声も…。

今年3月に発生した「プリキュア」シリーズの公式Xアカウントを巡る騒動は、デジタル時代のコンテンツ制作における新たな挑戦と誤解の象徴です。
公式アカウントが「ふたりはプリキュア Max Heart」の新商品を告知した際に使用したイラストが、一部のXユーザーからAI生成疑惑を持たれました。
この疑惑は速やかに広がり、公式が手作業で描いたイラストであると明言するまで、多くの議論を呼びました。この一連のやり取りは、生成AIに対する一般の認識や懸念、そして「キャンセルカルチャー」の現代版である「生成AIキャンセルカルチャー」への警鐘となりました。

さらに、海外での類似事件も含めて、生成AIの利用が公然と議論されるようになりました。特に、英国のブルームズベリー・パブリッシングが発行した書籍の表紙に使用されたAI生成画像が原因で炎上した事例は、コンテンツ制作のあり方に対する根本的な問いを投げかけています。
これらの事件を通じて、生成AIに対する社会の様々な反応が明らかになり、企業やクリエイター、さらには消費者自身の倫理観や価値観が問われる時代に突入したことを示しています。

高村の考えは以下のとおりです

私は、この事件が示すように、生成AIに対する一般の認識がまだ成熟していないこと、そしてそれが不必要な誤解や問題を引き起こしていると考えます。
生成AIは、コンテンツ制作において革新的なツールとして機能する可能性を秘めていますが、その利用にあたっては、著作権や倫理的な配慮が必要不可欠です。
公式アカウントがAI生成疑惑に対して明確に反論したように、企業やクリエイターはその使用方法やプロセスを透明にすることで、不当な批判や誤解を避けることができます。

また、技術に対する反発や恐れは、しばしば新しい可能性への扉を閉ざしてしまいます。
AI技術の発展は止まらないため、私たちはどう向き合うかが問われています。
AIがもたらすリスクを最小限に抑えつつ、その利益を最大化するためには、社会全体での理解深化と、適切な利用ガイドラインの策定が急務です。

私たちが目指すべきは、AIと人間のクリエイターが協力し合うことで、新たな価値を生み出す文化です。
AI技術によって拓かれる未来のコンテンツ制作は、従来の方法では考えられなかったクリエイティブな作品を生み出す可能性を秘めています。
この技術革新を恐れるのではなく、いかにして人間らしさを保ちながら共存していくか、そのバランスを見つけることが、これからの私たちの大きな課題となるでしょう。

※当記事のアイキャッチ画像はプリキュア公式WEBサイトより引用

この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • 頑張ってるね! (0)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次