幼稚園が子供たちの安全と成長を両立するためのサンシェードを設置

すごい存在感のある屋根ですね💦

記事について説明

本格的な夏を迎える前から日本各地で真夏日や猛暑日が記録されています。
気温が上昇する中、気象庁の暑さ指数を参考に外遊びを制限する幼稚園や保育園も増えています。

福岡県宗像市にある玄海ゆりの樹幼稚園では、子供たちの安全と成長を両立するため、4,000万円をかけて大型のサンシェードを設置しました。
このサンシェードは長さ25メートル、横幅30メートルもあり、強い日差しの中でも子供たちが外遊びを楽しめる環境を整えました。

6月11日に設置されたサンシェードの下では、気温が31.9℃を記録した日も子供たちが元気に遊んでいました。
保育士たちは赤色のサンシェードのひもを引いて運動場全体を日陰に変え、風が通ることで涼しさを感じられるように工夫しています。

昨年は熱中症対策として外遊びの時間を制限していた幼稚園でしたが、外遊びが子供たちの成長に必要だと考え、今回のサンシェード設置を決定しました。
高杉美稚子教頭は、サンシェードの設置により子供たちが自由に遊べる広い空間を提供でき、保育士たちの負担軽減にもつながっていると述べています。

一方で、高額な費用が課題として残っています。

高村の考え

子供の安全と健康を第一に考えた、すごくいい取り組みだと思います。
外遊びは子供たちの成長にとって非常に重要であり、玄海ゆりの樹幼稚園がこの問題に対して積極的な対策を講じたことは称賛に値します。

しかし、4,000万円という費用は確かに高いですね💦
もっと安くできる方法はいろいろあるのではないかと思います。
あと、色の選択についても、なぜ赤色なのか気になります…。 もしかしたら、子供たちの興味を引くためや、特定の心理的効果を狙ったものかもしれませんね(^^)

いずれにせよ、幼稚園が子供たちの安全と成長を両立させるために積極的に取り組んでいる姿勢は非常に素晴らしいことです。
吹田市としても、費用対効果を考慮しつつ、子供たちが安心して遊べる環境を提供してほしいと思います。

ブルーシートで代用してもいいかな?笑

※当記事のアイキャッチ画像はRKBオンライン様のものを引用しております。

この投稿について、「え~事言うなぁ」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • 頑張ってるね! (0)
  • え~事言うなぁ (1)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次