和歌山県田辺市の中学校の部活動「自由選択制」の導入

記事にもあるように、少子化の影響で部員が集まらなかったり、指導する教員の働く環境の課題も指摘されています。 これらの問題は確かに深刻ですが、私は自由に選択できることの方が自然であると思います。

記事をわかりやすく説明

「全員加入」が主流だった中学校の部活動が変化している。
和歌山県田辺市では、本年度から大半の学校が「自由選択制」を導入した。
「全員加入」であっても、個々の生徒の事情に合わせて柔軟に対応するケースが増えている。

「全員加入」については、「やりたいことが決まっていればいいが、やりたくなくて無理やり参加する生徒もいる」「部活以外にやりたいことがあるのに時間が取れない」といった声が以前からあった。

本年度から「自由選択制」を導入した田辺市内のある中学校では、昨年度から保護者に説明を重ね、移行準備を進めてきた。
特に反対の声はなく、移行後も在校生の大半が所属クラブに残った。 1年生は初めから所属しない生徒もいる。

「全員加入」の学校でも、「社会活動部」などの名称で、部活動以外にやりたいことがある生徒、ない生徒の受け皿を設けているケースが多い。
「部」としての活動はなく、各自の取り組みたいことができるため、「実質的に自由選択制」という。

学習指導要領には、「部活動は生徒の自主的、自発的な参加によって行われるもの」とある。 高校生や大学生などでつくる「日本若者協議会」は2022年にスポーツ庁に「部活動の強制加入撤廃」を要望している。

部活動を巡っては、少子化の影響で部員が集まらないことや、指導する教員の長時間労働といった課題も指摘されている。

自由選択制のある中学校の教員は、「スポーツや文化活動に打ち込んだり、同級生や異学年との交流を通じて人間関係を築いたりすることは、心身の育成にとって望ましい。
時代の流れではあるが、できれば入部してほしい」と部活動の利点も強調した。

高村の考え

学校外にも子どもたちが成長できる場が沢山あります。
スポーツクラブ、音楽教室、地域のボランティア活動など、学校外での活動は豊富です。
そのため、部活動を強制するのではなく、生徒が自分の興味や関心に基づいて自由に選択できる環境を整えることが重要です。

生徒の自主性を尊重し、多様な成長の場を提供することで、個々の才能を伸ばすことができると考えます。
また、教員の長時間労働の問題も解決に向かうでしょう。
これにより、教員はより質の高い教育に専念でき、生徒も自分のペースで学びや成長を楽しむことができるのではないでしょうか。

吹田市では既に(いつからなんかな?)選択制でありまして、強制的にどこかに入部するというような話は聞いておりません。

この投稿について、「オモロイやん」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • ワロタ (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • 頑張ってるね! (0)
  • オモロイやん (1)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次