生成AIパスポート 受験してみた

先日のICT支援員試験から間髪入れずに、全然ジャンルは異なりますが、生成AI活用普及協会(GUGA)の「生成AIパスポート」の試験を受けました。

普段から日常的に使っている生成AIですが、そのポテンシャルは理解しているつもりでも、そもそもどのように生成AIがここまで発展してきたのかは、正直言ってあまり考えたことがありませんでした。
という事で、受験するにあたり、今回はノー勉強ではなく、勉強して挑んでみました

生成AIパスポートとは

生成AIパスポートは、AI初心者のために誕生した、生成AIリスクを予防する資格試験です。
AIを活用したコンテンツ生成の具体的な方法や事例に加え、企業のコンプライアンスに関わる個人情報保護、著作権侵害、商用利用可否といった注意点などを学ぶことができます。
本資格の提供を通じて生成AIリスキリングを促し、生成AIを安全に活用するためのリテラシーを有する企業・人材の可視化を推進しています。
引用:生成AI活用普及協会のWEBサイトより

生成AIパスポート試験の概要

対象者

  • AI、生成AIに興味関心のある方
  • 生成AIを正しく活用したい方
  • ビジネスでの生成AI活用に不安のある方

試験形式と問題数

試験はオンライン形式(IBT方式)で行われ、全60問の選択肢式問題が出題されます。
出題範囲は以下の通りです。

  • 第1章 AI(人工知能)
  • 第2章 生成AI(ジェネレーティブAI)
  • 第3章 現在の生成AI(ジェネレーティブAI)の動向
  • 第4章 情報リテラシー・基本理念とAI社会原則
  • 第5章 テキスト生成AIのプロンプト制作と実例

試験時間と合格基準

試験時間は60分で、60問に対する正解率が合格基準を満たすことが求められます。

2023年 第1回 生成AIパスポート試験では受験者数1,031名中760名が合格し、合格率は73.71%でした。
2024年 第1回 生成AIパスポート試験では、1,613名の受験者中1,211名が合格し、合格率は75.08%でした。

なお、総合得点率や設問別の正解・不正解、本試験の合格ラインについては未開示です。
合格率だけ見ると、比較的合格しやすいように感じます。

結論

生成AIパスポート試験は、AIに関する知識を確認・証明するためには意義のあるものだと思います。
柔軟な受験資格とオンライン形式により、多くの人がチャレンジしやすくなっていますが、さすがにいつものノー勉強では無理だと思い、私はネットで色々調べて勉強して挑みましたが、それでも難しく感じました💦

普段はAIを末端ユーザーとして利用する立場でありますが、このような歴史から生成AIの仕組みなど意識したことはなく(厳密に言うと難しすぎるので意識しなかった)、「なんとなく」で捉えていましたが、今回は色々学んでいるうちに少しだけ深いところを覗けて、とてもよかったなと思っています。

さて、合否については…、また後日のようですので、ダメだったとしてもちゃんと公表します 笑

この投稿について、「よくわからん」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • まだまだだね (0)
  • がんばれ (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • ワロタ (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • 興味なし (0)
  • オモロイやん (0)
  • なんとも思わない (1)
  • 同じこと思っててん (1)
  • 共感する (1)
  • 勉強不足 (1)
  • 難しいね (2)
  • 頑張ってるね! (2)
  • よくわからん (4)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次