夏に長袖を脱がない子どもたちの背景とは?

まずは記事をわかりやすく説明

夏でも長袖の服を脱がない子どもが増えている現象について、熱中症の危険もあるため、教員たちは半袖にするように働きかけていますが、容易ではありません。
「子どものヘルプサイン」を感じ取る教員もいます。
真夏日でも長袖を脱がない児童が数年前から目立ち始めた」とのことです。
兵庫県の私立小学校の教員が発表しましたが、パーカやハイネックのフリース、冬用のジャンパー姿などの児童がいました。 児童数約400人の学校で昨年度は3人いたという報告があります。

教職員へのアンケート結果からは、「体形や毛深さを気にしている」「肌が覆われていないと気持ち悪い」「『寒いから』と言いつつ『のどが渇いた』と汗だく」「家で不安定になるときに長袖を着ているようだ」との情報が寄せられました。
教員たちは熱中症対策のほか、スクールカウンセラーにつなぎ、悩みを聞き取るようにしているが、子どもたちはなかなか脱がないとのことです。 「長袖は子どものヘルプサイン。孤独を感じたり自尊感情が低下したりしていることが背景にある」と指摘されています。

福岡県の公立中学校の養護教諭は、「ブレザーのカチッとした圧が気持ちいいと『脱がない子』と、腕を見せるのが怖くて『脱げない子』がいる」と話しています。
鹿児島県の公立小学校の養護教諭は「暑い時にトレーナーを着ている。皮膚感覚が鈍くなっているのでは」と指摘しています。 スクールカウンセラーにつないだが、3年生になっても長袖のままだった事例もあります。

NGO「子どものからだと心・連絡会議」議長の野井真吾教授(教育生理学)は、コロナ禍の影響が大きいと考えています。 「2020年以降、休校が続き、外遊びができず、生活習慣の乱れも重なって、体温調節の機能が育成できていない可能性がある」とのことです。
さらに「仲間と遊ぶ時間がなく、人間関係が結べず、自尊感情や自己効力感がなかなか育っていない」ことも指摘しています。 野井教授は「いきなり脱げといっても難しい。
『脱いでみては』と提案し、見守り続けることが重要だ」と話しています。

大人はどう対応したらよいのか、夏本番を前に、一緒に考える必要があると記事は結んでいます。

高村の考え

紫外線予防や電車や屋内での冷房対策が原因かとも思いましたが、実際には異なる要因があるようです。
子どもたちが長袖を脱がない背景には、自己感情の低下や孤独感などがあるとのことです。
この現象は非常に興味深く、引き続き経過を見守りたいと思います。

現代の子どもたちが抱える問題は、私たち大人が思っている以上に複雑で多岐にわたります。
特にコロナ禍による生活習慣の乱れや、体温調節機能の未発達、人間関係の希薄化が、子どもたちに大きな影響を与えていることが分かりました。
教員や養護教諭の指摘にもあるように、子どもたちが長袖を脱がないことは一種のヘルプサインであり、その背景にはさまざまな要因が絡んでいるようです。

私たち大人は、子どもたちの声に耳を傾け、適切な支援を提供することが求められます。
そのためには、強制的に脱がせるのではなく、徐々に提案し、見守ることが重要です。
また、スクールカウンセラーとの連携やアンケート調査を通じて、子どもたちの本音を引き出し、理解する努力が必要です。

これからの時期、特に熱中症のリスクが高まるため、引き続き注意が必要です。
子どもたちが安心して過ごせる環境を整えるために、引き続き経過を注視し、必要な対策を講じていきたいと思います。

この投稿について、「この記事もっと掘り下げて欲しい」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • オモロイやん (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • 共感する (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • ワロタ (0)
  • まだまだだね (1)
  • 頑張ってるね! (1)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (2)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次