マイクラを使った仮想空間の三島市の庁舎

三島市の市役所庁舎建て替え計画に伴い、職員有志が行った独創的な取り組みは、まさにデジタル時代の新たな地域貢献の形と言えるでしょう。
彼らは、人気ゲーム「マインクラフト」を用いて、愛着ある現庁舎を仮想空間に再現したのです。
このプロジェクトには、単なるノスタルジーを超えた、深い意味が込められています。
ちなみに、私の息子もマインクラフト(マイクラ)に現在ハマってます💦

まず注目すべきは、このプロジェクトに携わった職員たちの熱意です。
彼らは余暇を使って、1年がかりで庁舎をマインクラフト上に再現しました。
縮尺やレイアウトにこだわり、市役所の細部まで忠実に表現することに心血を注ぎました。これは、職場への深い愛情と、その歴史や価値を未来に残したいという強い願いから生まれた行動であると言えるでしょう。

このプロジェクトが始動した背景には、市が開催したeスポーツ大会の庁内プロジェクトチームの存在があります。デジタル技術への理解と興味が、新たな形での地域貢献へとつながったのです。ゲーム好きの職員たちの間で、「マイクラなら現庁舎を残せる」というアイデアが生まれ、実現に向けた動きが加速しました。

作品の完成度は非常に高く、市役所を訪れる市民が利用する窓口や待合室の配置から、一般市民が立ち入ることができない市長室や議場、地下文書庫まで、細部にわたって再現されています。このこだわりが、県のふじのくにデジタルアートコンテストで審査員賞を受賞するに至った理由でしょう。審査員からは「尋常ならぬ愛情を感じた」との評価が寄せられました。

このプロジェクトに携わった職員たちは、まさに自分たちの仕事、そして市役所そのものへの深い愛情を持って取り組んだことで、記憶に残る作品を生み出したのです。

この取り組みから私たちが学べることは多いです。
デジタル技術の進化は、地域貢献や社会課題の解決においても、新たな可能性を広げています。
また、仕事への情熱があれば、どのような分野でも革新的な成果を生み出すことができるということです。

最後に、このような創造的な取り組みが、三島市に新たな興味を持つきっかけとなり、地域への関心を深める機会になることを願います。
デジタル技術を活用した地域貢献の事例として、他の自治体や組織にも広がっていくことを期待します。

この投稿について、「笑いも起きない記事だわ」と思っている人が多いみたいですね。参考にします!(^^)
この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 普通 (0)
  • なんとも思わない (0)
  • まだまだだね (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • 共感する (0)
  • 同じこと思っててん (0)
  • がんばれ (0)
  • よくわからん (0)
  • 難しいね (0)
  • ワロタ (1)
  • え~事言うなぁ (1)
  • まぁまぁ頑張ってるね (1)
  • 興味なし (1)
  • 勉強不足 (1)
  • オモロイやん (1)
  • 全然ダメだね (1)
  • 笑いも起きない記事だわ (1)
  • 頑張ってるね! (1)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非シェアしください♪
  • URLをコピーしました!
目次