ブログ

吹田の街とお店と人をつなぐデリバリー「suitable Eats」

吹田市内でも限定地域となりますが、
[TWITTER]suitable Eats
というものがございます。
吹一小学校区域と吹三小学校区域版です。

新型コロナウィルスの影響で外出の自粛が続くなか、がんばるお店と吹田の街の人を繋ぐ、有志によるデリバリーサービスとなっております。

加盟するお店、そして配達してくれる方も随時募集しております。

この投稿をInstagramで見る

【スイタブルイーツはじめまして】 はじめまして。 私共は大阪府吹田市、JR吹田駅以南エリアの飲食店などが集まった有志団体です。 このたび『スイタブルイーツ』と名付けまして、ごく一部の地域(吹田第一小学校・吹田第三小学校校区)のみに限定した新しいデリバリーサービスをスタートさせました。 . この投稿では、このサービス発足の経緯などを紹介致します。 . まぁなんといっても例のウイルスですよね。 未曽有の病が蔓延し、世界規模での活動制限や行動自粛などが続いています。 私たちのエリアでも緊急事態宣言が出てからは特に、街から活気が失われ、行き交う人の数が目に見えて減ってきています。 影響を受けていない人なんて存在しないと思いますし、それは私たちのような飲食店店舗も同じで、日ごとに営業を自粛する店が増えています。 . 「営業を続けるお店があるから感染拡大が止まらないんだ」といった声もネットなどではよく見かけますが、『休業要請』である今の段階では、営業を続けるか否かは各店の判断に任せられている状態です。 絶対に約束されているわけではない国や自治体が示す補償をアテにして休業し、もしそれが思ってたんと違うかったらもう二度と再開できなくなってしまうような小さなお店もたくさんあります。(今日か昨日も国からの補助が1世帯30万円から国民1人10万円に変わりましたね) この地域にも、先の見えない不安の中で頑張って営業を続けているお店がたくさんあります。 (もちろん営業自粛を選択されたお店を批判する意見ではありません) . 大阪府独自の補償として「デリバリーを活用して1000円ごとに500円キャッシュバック」というのを吉村府知事がおっしゃってくれていますが、それはUberEatsや出前館などすでにデリバリーサービスを展開しているお店や、普段からよく利用しているお客さんがやりやすくなるって感じで、これからUberEatsに登録したり出前館に登録したりってのはハードルが高いと感じる人も多いでしょう。 (とは言ってられない状況なので、当然新規に利用するお店もお客さんもたくさん増えるとは思いますが) . 一方、毎日の自粛で疲れ切っている街の人もたくさん居ます。 そのような方たちも当然、一日数回は食事を摂らなければいけない。 けど外出するのはリスクがある。 という風に困っている方もたくさんおられます。 . . 街の飲食店として、困っている街の人と街のお店を繋げれるようなサービスが始めれたらと、スタートしたのが『スイタブルイーツ』です。 . . ほんとはですね、これを吹田市さん主導でやっていただけないかなとか最初は思ってて。 もう終わったのかこれからなのかわかんないですけど「コロナで職を失った人を吹田市が1年間雇用します」みたいな案内を見かけたことがあって。 もしその雇用の割り振りが決まってないのであれば、その中から数人をこのスイタブルイーツの配達員として雇っていただけたらいいんじゃないかなと。 『コロナで職を失った人』が『コロナで困ってるお店』と『コロナで困ってるお客さん』を繋げる役割を担うって、素敵でしょう?(笑) . 少し脱線しますが『スイタブルイーツ』って名前は吹田市が去年くらいからキャッチコピーみたいにして使ってる『suitable city(スイタブルシティ)』からもじってるんですね。 「suita」に「able(~できる)」を合わせて『suitable city~実現できる街、吹田~』みたいなことやったはずです。 僕はこれ勝手に「suite(スイート)」っぽいなぁとも思ってて(スイートルームとかのスイートです)、 ほんでsuiteってどういう意味なんやろうと調べたら「連結する・繋げる」って意味もあるんですって! いやもうこれピッタリやんって感じで、「吹田の街と人と店を繋げるデリバリー『スイタブルイーツ』」としています。 . でオフィシャルのsuitable cityのロゴを勝手にsuitable eatsに変えて吹田市さんに「こーゆーのやってくださいよ~」とお願いしたら、吹田市さんは吹田市さんで独自に補償などを考えてくださってるので今このスイタブルイーツに全乗っかりはできない、とのことでして。(ちなみに勝手に作ったロゴも使用NGでした(笑))(スイタブルイーツという名称は使用可) . なら自分たちでやってみよう! と半ば強引にスタートさせた、という経緯です。 まだこの話が立ち上がって1週間も経ってないんですけど、とりあえず早く取り組みを始めたいなと。 フットワークの軽さが個人事業主のメリットでもありますから。 なのでシステムや運営方法自体さえも今後もどんどん変わっていくと思いますが、街の人たちと一緒に育てていけたらなと思っています。 . . どうぞよろしくお願い致します。 #スイタブルイーツ #suitableeats #デリバリー #デリバリーサービス #吹田 #吹田市

スイタブルイーツ吹一小・吹三小校区版(@suitableeats2020)がシェアした投稿 –

この記事について、あなたはどう思いましたか?
  • 頑張ってるね! (0)
  • オモロイやん (0)
  • 全然ダメだね (0)
  • まだまだだね (0)
  • まぁまぁ頑張ってるね (0)
  • なんとも思わない (0)
  • 勉強不足 (0)
  • 興味なし (0)
  • 笑いも起きない記事だわ (0)
  • ワロタ (0)
  • え~事言うなぁ (0)
  • この記事もっと掘り下げて欲しい (0)
  • 同じこと思っててん (0)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

twitter [最新ツイート]

PAGE TOP